もはやこれは「人間と悪魔の戦い」になっているように思える記




今回は「前記からのつづき」として記していくものですが、連日のニュースによって書かずにはいられない気持ちからであり、一刻も早く平穏な日々が戻ってくることを願うものです。

侵略者の悪行によって日に日に多くの被害が増していることを目にしていると、これはもはや人間の仕業ではなく、人の形をした悪魔の行為ではないのかと思えてきます。

何の罪もない子供たちや人々を情け容赦なく襲っていく悪行は、もはや悪魔としか思えず、そしてこれは「人と悪魔の戦い」になっているのではないでしょうか・・!

人の体をした悪魔に人の情けなどない

この近辺以外の国々では今現在、この悪夢の様な現実が遠いところの出来事として「対岸の火事」みたいな考えで普通の生活をできていることに、本当に恵まれているとさえ思えてしまいます。

この現代に、まさか19世紀のようなことが起きるなんて誰も思っていなかったでしょう。

まるで世界史で勉強したことがある「遠い昔に起こったドイツのポーランド侵攻」と同じことが、まさに今起こったわけです!

正に今、この時代に行われているのは「あの時代と同じホロコースト」そのものだと思えます。

信じられないことですが、この現代にも昔と変わらないの悪魔に取りつかれた独裁者(人の形をした悪魔)が存在していたとは・・!

国内にはやる攻撃を全て「正義の行い」と大ウソを伝えて身内国民を騙し続けており、尚且つ外からの真実を見せない様に封じてしまうという「正に悪の行い」そのものです!

あの綺麗だった観光地がボロボロの瓦礫タウンに変わってしまっている様子や、そこで泣き崩れる人々が画面に映し出されているのを観ると、どこが正義の行いなのかと怒りでいっぱいとなります!

今も昔も独裁者となった悪魔には人の心など持たない残虐さがあり、人間に対する情けなど持っていないのです。

もはやこれは悪魔と人類の戦いのようである!

テレビドラマや映画などでしか見たことのない「悪者の仕業」が、今この現実に起こっていることが信じられません!

もはや、これは「西側と東側」とか「NATO加盟国ではないから」とかの問題を超えて、人類と悪魔との闘いではないかとも思えます!

人の体をした悪魔は「人類の正義」を侵略しようとしていると同じに思えるのです!

大袈裟に言うならまるで地球に住む人類へ、悪魔という侵略者が攻めてきた問題くらいに思えてしまうわけです・・。

正にこれは善と悪の戦いの様です!

この悲惨な戦争を一旦終わらせるという意味で、停戦協議が何度も行われていますが、それもよくよく考えてみるとおかしな事だと思うのです。

ある日突然に身勝手な理由を掲げて一方的に攻めてきたのに、なぜ話し合いで折れなければいけないのかという不条理さがあります。

本来であれば、攻撃の前に「要望の提示や話し合い」をするべきなのではないでしょうか・・?

すぐに制圧でき降伏させ終われると見込んだ計画だったかもしれませんが、それが大失敗になってしまったと分かったとしても、既に今となっては取り返しはできない(後には戻れない)泥沼にハマっている感じです。

このまま思い通りにいかない悪魔の怒りによっては、情けのない非道な行為をエスカレートしていく懸念が大きくあります。

泥沼にハマってしまった、もう後には引けない大義名分の行為は時が長引くにつれて焦りも出てくるはずですから、一気に挽回をしようとするかもしれません。

非道な化学兵器と禁断の核兵器の存在意味

見え見えの嘘の訴えを続ける愚かな悪魔の独裁者は、いつまでも隠し切れると思っているのでしょうか・・?

嘘で奪えたクリミア半島の時とは時代も違い、更に今回は規模が違います。

これだけ普及し広まったスマートフォンによって、誰もが真実を映像に即アップできる世の中では、その現場にいるほとんどの人たちが証拠を撮り持つことができますので、昔の様には嘘が通りません。

今現在は国内では外部からの真実を遮断していたとしても、いつかは真実を知ることになるのです。世界中が今の悪行(虚偽)の証拠を撮って保存しているのです。

万が一、非道な化学兵器や禁断の核兵器を使ったとしてもその証拠は撮られるのですから、嘘は見破られるでしょう。

人類最大の武器である「核兵器を持っている者が何をしても誰も逆らえない世界」という様な不条理が今現在に起こっています。

はたして核兵器というのは、こういう時のために存在していたのでしょうか??

手を出したら、これを使うぞ!って、侵略をする時のために作っていたのでしょうか?

人(正義)は悪魔に負けてはならない!

沢山の人々、平穏に暮らしていた普通の人々、生まれて間もない子供たち、動けない障碍者たちや老人たちがこの悪魔の様な侵略者によって被害を受けています。

その人たちに爆弾を落として被害を負わせ、何が大義名分になるのか?と、人の善の心があれば感じるはずですが、真の悪魔にはないのでしょう。

この悪魔が印籠の様に掲げている核兵器のために、世界は誰も止められないのでしょうか・・

核戦争を恐れているのは十分に分かりますが、どんどんこのまま被害者が増えていくのを見ているだけで人類はそれで良いのでしょうか・・

こちらも持っているんだぞ!」とも掲げて、逆に脅して止めさせるくらいのことじゃダメなのでしょうか・・? と素人ながら思ってしまいます。

今回この現代にこの悪行を許したのなら、「凶器を持つものは強くて何でもあり」の記録に刻まれて、近代の秩序は19世紀へ逆戻りの様です!

正義が悪魔に挑んで、その結果そのまま第三次世界大戦となる核戦争が起きることは確かに恐怖です。

しかし、この人の世で「悪魔に正義がひれ伏せる」なんてことがあってはならないのです!

決して悪魔(悪)に人(善)は負けてはなりません!

日々そう深く思っています。

一刻も早く、人の正義がこの悪魔に打ち勝つことを 日々祈っています。

 

つづく・・

前記はこちら


最近の記事(トップページ)

生活&出来事の悩みカテゴリー