np_sogo

人の世という山

自分がこの世に生まれた意義は、魂というデータだけが知っている!

このご時世、生きていくことが険しい状態になってしまった人々が益々多くなりました。今回、「この世に生まれた意義は、魂というデータだけが知っている!」という題しましたが、今までこのサイトに書いてきた「人の人生と運命」のすべてを纏めた記になる...
人の世という山

この世界は平等では無い様ではあるが、みんな平等でもあると思う記

「この世界は平等にはなっていない!」と人なら誰でも思うものですが、それでも「平等にできている」(のかもしれない)と考えられるという綴りを今回は記しておくものです。 「人生はあみだくじ」という記でも同じような感じのことを書いていますが、...
仕事や経済の山

この国難にトップリーダーは信頼性や相応しさを試される時だと思う記

大きな国難の時、その国のトップ(統治者ら)の力と責任感が試されるものだと思います。国民のリーダーに相応しいかどうか、民衆の尊敬や信頼を得られる者であるか否かが判る時なのでしょう。 「偉い人」ではなく「尊敬・信頼できる人」が民衆のトップ...
体と病気の山

空気中に漂う微生物やカビ細菌から肺炎を防いでいる抗体に感謝知る記

今年の大きなショックは「大御所・志村けん」の訃報でした。新型ウイルスに侵されて致命的肺炎を受けてしまったのです。子供の頃から「笑い」を戴いていた私も、これには本当に信じられない思いでした。 肺細胞がウイルスの増殖によって広い範囲に壊さ...
生活・出来事の山

ヘッドライトのキズ消し磨き後に即コーティング塗りで失敗!~復活記

ヘッドライトのくすみ&キズが酷かったので、初めてペーパー研磨からコーティングまでやったのですが失敗!!「こんなはずでは・・ 何が悪かったのか?」と原因を思い起こして、敗者復活させた体験を今回は綴っておこうと思います。 結果をいえば、初...
人の世という山

人の生涯は全てオリジナルで、みんな違う唯一1冊の本であると想う記

先日、ある新聞記事に載っていた内容を読んで思ったのは、よその誰が何と言おうと「自分の人生は自分しかできない!」ということでした。何千年経っても人の生涯は全て違う物語で、まったく同じものは一つもありえないと思うのです。 その記事には、中...
人の世という山

新型ウイルスに耐えるか経済危機に耐えるか覚悟を決める時?と悩む記

2020年、中国から始まった「新型ウイルス・パニック」は間もなく日本と韓国へ渡り、翌月には他人事と観ていたヨーロッパやアメリカにも広がっていきました。まさに100年振りのパンデミック状態に陥ったのです。 およそ100年前、第一次世界大...
人の世という山

パニックな出来事が起きた時でも売れ切れては困る生活必需品を想う記

人は昔から危険な出来事があると、買いだめに巻き込まれてしまうものです。最近も新型コロナウイルス騒ぎによってマスクから始まり、次に生活必需品のトイレットペーパーやティッシュが様々な店頭で品切れになってしまいました。 中国製のマスクは別と...
人の世という山

100年後(2126年)の彗星接近よりも地球の環境が心配と想う記

今からおよそ100年後の2126年、スイフトタットル彗星が再び戻って来るそうですが、その軌道から地球に極めて接近するという計算がされていたという話があったようです。 様々な天文学記事でこの論説はされていますが、日本の有名なコメットハン...
宿命や運命の山

宝くじは「たった1枚だけ」でも「当たる時は当たる」ものだと思う記

宝くじを時々買いますが、最近は多量に買うことはしなくなりました。多量に買っても当たらないことがほとんどでしたし、少量でも「当たる時は当たるものだ!」と思うようになったからでした。 私は高額当選する運は持っていないようで、今までに銀行の...