DNAによる種の保存システムと熟年期の「亭主元気で留守がいい!」

生物は人間でさえ種の存続のためにDNAによって

システム化されている存在?!

その場の環境や、境遇により合理的に適合するため進化していき、
種を絶やさないようにDNAがしくみを作っているのでしょう。

この地球が誕生し、藻という最初の生物が発生してから
様々な形態の生物が誕生したということですが、

偶然にも、せっかく誕生した生物

ですから、この地球がある限り存続していこうという
自然の摂理がDNAに具わったのでしょう。

他の綴り記でも書いていたと思いますが、より良い種を残すため
ほとんどの動物は、様相の良い強い交わり相手を好みます。

DNAの設計通り、存続するための手段として
より優れた子孫を残すため、より進化するために
より良い相手を好むように仕組まれているものです。

多くの動物では、強く生き残っているオスをメスは受け入れます。

人間も同じで、たいていカッコイイ男や綺麗な女性に惹かれるでしょう。
それは、やっぱり良い子孫を作るためなのです。

私もその昔、若い頃に、綺麗な金髪の白人と結ばれたなら
「どんな可愛い子ができただろう?」なんて
思ったものですよ。

男は、種の保存に懸命な性質である生き物

女性は得た男性に「服従するほど献身的」になる動物だとあります。

これもDNAの違いからくるものからか、男は少しだけ違うのですね~

理性によって、人間的に抑えることができる男性もごく僅かにいますが、

他のもっと綺麗な女性を見かけてしまうと、どうしても目がいくものです。

一度 手にできた女性には、安心感もあり達成感もありで

より多くの自分の種を残すという、DNAが作ったシステムによって

別の女性に種付けしなければならないという動物的本能

湧き出してくるのです。

一人目に種を植え付けた後、DNAは男に言います。

よし、次に進め!」と。

ライオンの一家は、オスに多くのメスがいて
すべてそのオスの子供を宿します。しかし
途中で強いライオンに奪われた一家は、メスが産んだ子供をすべて排除されます。

日本でも世界でもその昔、人間で同じようなことをやっていた歴史がありますよね。

進軍されて、領土を取られてしまった国の殿様はもちろん処刑されるのですが
その家族、奥方や関係者の子孫は殺されることになるのです。
(人間の場合は、生かしておけば後に仇討が起こりますから・・)

そして、若い女性は新しい君主の種を植えられて世継ぎを作るのです。

これも全て「種の保存」存続というDNAが設計した高度な技術といえますね~。

—————————————————–

女性は、女から母になって変わっていく生き物

—————————————————–

漫談で大人気であった「きみまろ氏」。

世相の本当のことをネタにしていましたよね~。

観客は、ほとんど中高年、年配者の年齢層。

純粋な恋をしている若い世代には、解りません。

私も若い頃は、「いつまでも変わらぬ愛」「真実の愛」など

夢見ていた頃がありましたね~!

夢中になっていた若い恋人同士は、そう想いながら一緒になります。

特に女性は献身的な動物ですから、子供ができるまでは

夫に一生懸命、献身いたします。

子供ができると、女性はしだいに変わっていきます。

これも、DNAのしくみなのか解りませんが、女性は2人までは

目が行き届き、優遇することができるのか、

ひとり産んだだけでは、夫にも目が届くという意味か、

ある程度子供が大きくなってきても、夫との接し方は悪くないようですが

2人目の子供が誕生し、その2人がある程度育って大きくなってくると

女性の中に具わっているDNAの「子孫存続完了スイッチ」みたいなのが入って

「きみまろ風」漫談話のようになってくるのでしょうかね~?!

亭主元気で留守が良い!」という言葉も昔、知られ有名な言葉ですが、
それを細かく表現したのが、きみまろ漫談で大ヒットしたものです。

なるほど~ と
私も実感して「その通りだな~!」と痛感してしまうものでした。

ン十年前、結婚して間もない頃は、家に嫁いできた嫁は新鮮なものでした。

新婚の2人で毎日一つ屋根の下、過ごすことは理想の幸福といえたでしょう。

まだ若く慎ましい嫁は、弱々しい感じで

とても放ってはおけない感じをさせられたものです・・

数年後、待望の一人目の子が誕生しました。

2人とも有難き恵みと溺愛します。

まだ一人目だけなので、夫婦仲も変わらずでしたので、
それにより2人目を宿すことができるのでした。

2人目ができると、女性は途端に忙しくなるものです。
夫も育児に加わることで、夫婦仲は家族仲となっていきます。

こうして、子供達中心の時代が始まっていきます。

当然に、夫と妻は男と女から、父と母へ変わっていくのです。
しかしその代わりに、2人の子供達との尊い時間を味わえます。

気がつけば、時はあっという間に過ぎてしまうもの・・

子供達も大きくなって、成長していき

やがて再び、夫婦2人だけの屋根の下の時代が戻ってくるのですが・・。

その時は、ほとんどの人が「きみまろ風」漫談の解る歳なのでしょう。

「ただいま~!」 と帰宅すると、

「なに、早いわね~!」

と 嫌そうな言い方で応答してくれるようになります。

さらに、

「風呂は~?」

「あたしが先に入るんだから、私の後にしてよ~!」

「ごはんは~?」

「冷蔵庫に ごはんがあるから、レトルトカレーはそこにあるでしょ!」

と、一家の主である夫の威厳を保てる方が羨ましく思える

そういう境遇も多いことでしょう・・・

————————————————————————–

「きみまろ風漫談」が解る人達は、恵まれているほうである

と考える!

————————————————————————–

多くの男女が結婚した中で、その離婚率も凄いものですよね~

上に書いてある「きみまろ風漫談」話は

主に熟年夫婦の会話などを表現したものです。

子供も大きくなって、育ってしまった後

家に残された熟年夫婦2人は、むしろ運が良いのです。

子供が育たないうちに離婚した夫婦や、未亡人の家庭の場合、

「あれから、ン十年!」というのは無いのです。

まして、子供を持つ女性は強いですから、男は不要とさえ考えるのです。

これも種の保存システムの作用なのでしょうか。

女にとって男は子供を作るための一時的に必要なもので、

ある程度、子供が育つと男の必要性はなくなってしまうという仕組み。

男が浮気、つまり別の新しいものに走ってしまう本能も

DNAが仕組んだものなのでしょう。

女は更年期という期限が過ぎれば、種の保存活動が不可能になりますが

男はけっこう長い歳、種の保存活動が可能です。

高齢者であっても、若い女性にであれば種の植え付けをすることができます。

自分の血を拡大存続させることは、生物にとって一番の使命であるゆえ

男の役目の方がDNAにとっては、頼りがいがあるのですかね。

もし、人間に「理性」というものがなければ、それこそ

ネズミ式に人口も爆発していったのかもしれません~

男も女も本能によって、種の保存を絶えず し続けたことでしょうから・・

ということで、長くなってしまいましたが

DNAによって、ひとつの役割を与えられ、

ひとつの家庭を守ってきたとはいえ、古ぼけて今では

亭主元気で留守がいい」と感じられてしまっていても、

今まで生かされてきた自分は、熟年まで長年一緒に居られた幸運に

むしろ運が良い方であると、悟って感謝することと

ポジティブに・・

そして、この使命に

最後まで生きるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする