宿命や運命の山

宿命や運命の山

魂という名の意識体というものを想う

自分の魂と自分の人体は違う。という内容の文献は多くあります。 魂は意識体であり、生身の身体は例えるなら車みたいなものになる。 人は車の中で、その運転をし 車は動く 考え、記憶、理性など 脳によって左右される以外に その奥...
人の世という山

「人の世」は山を登るに似ているとの想い

人の人生は、山を登ることに似ているような想い 日光の東照宮へ行った時に見かけた立て札に、同じようなことが書いてあります。 「一生は重荷を負うて、遠き道を行くが如し」 徳川家康の墓があるとするこの東照宮、毎年多くの観光客が訪...
人の世という山

予知夢が示す「己の定め」という運命シナリオを想う。

年寄りが語ることなので、軽く流してもらっても結構ですが・・ 遠い昔のこと、まだ昭和の時代が終わるぐらいの頃です。 内装業の営業をしていたのですが、工事担当の先輩と内装工事へ車で出発し 当然に走りながら、助手席で運転する先輩...