老老介護時代で、恐ろしきゴキブリ屋敷のクリーンアップ苦闘記

 
 
 
第一章 40年分の掃除とゴキブリ屋敷に挑む運命に!

前回、序章の続きから..

40年前までは家族だった別離した父も、歳をとって、
介護が必要となったため、血の繋がった者として市役所からの
要請連絡を受けた私が、手助けをすることになったのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これは、年配者の仲間入りとなった歳頃の私が
40年前まで家族であった父親の介護支援の始まりとして
最初に訪れた大きな試練、ゴキブリ屋敷との闘い・
DIYリフォーム苦闘記を、数回に分けて綴っていくものです。

今回はその第一章「クリーンアップ苦闘編」となっております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

暖かくなる春頃に、一時的に施設入居していたその父が
戻ってくることが決まったのですが、大きな問題がありました。

あの怖ろしく汚い部屋も環境へ戻っても、また同じ様態に戻って
しまうため、どうにかしなければならなくなったのです・・

このまま、あの環境へは戻せませんよ!」と
あの部屋の状態を観ているセンターの担当も、当然のごとく言います。

しかしその反面、40年前の家族である私にも強くは言いずらい点が
あったのです。

あんた、人が良すぎるわよ~! 捨てられた別離の父に
そこまでやらなくてもいいんじゃない?」と家族にも
言われましたが、一旦首を突っ込んだ流れである以上
「後は知らない!」とはセンターの人へ言えませんでした。

と、こんな経緯の流れによって私がやることになったのです。
あの恐ろしく汚れた室内を、帰ってくる前に変えることを・・

そこは単なるゴミ屋敷ではなく、ゴキブリ屋敷だった!

まだ寒さの残る3月初旬

まず私は、家の中の調査へ向かいました。
そして、どのくらい汚いか本当の状態を知るのでした!

念の為、清掃業者も見積りをお願いしていましたので
現地で待ち合わせとなっていました。

しかし、業者の担当も室内へ入ると、顔が曇りました
この異臭と室内の酷い環境に、早く外へ出てしまいたい感じで

「これじゃ~!レベルが高いので、高額になってしまいますよ~!」

「かえって引っ越しした方が良いんじゃないですかね~!」

「この家は、もう壊したほうが良いくらいですし・・」

と、メチャクチャに言われて、やりたくなさそうな感じでした。

↓本当に酷い居間

業者を見送った後、私は途方に暮れてしまいましたが
仕方なくもう一度よく調べていると、もっと凄い事実が!!

押し入れを覗くと、サイドの柱に沿って続く黒いカプセルの列!
それが上にも横にも縦柱にも、おびただしい数がくっ付いています!

これは、間違いなくゴキブリの卵の産みつけられた列でした。

さらに調べてみると、戸や上のレール隙間などにも卵の列で
それはそれは、見たことのない情景でした!

部屋に入ってサッと状態を観ただけであれば、単なる汚い部屋ですが
よく調べてみると実は、おぞましいゴキブリに占領されていた家
だったのです!(まさに、映画「エイリアン」の棲家みたいに・・)

*業者はそれに感ずいていたのでしょうか・・?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「これはとんでもない事を引き受けてしまったなぁ~!」
と、私は溜息をつくのでした・・

しかし、センターの人らに約束したからには責任があります。

業者がダメなら、自分でやるしかないか!」

おそらく、多額の支払いをすれば引き受ける業者がいるかもしれませんが
預貯金というものをしてこなかった父には、そんな余裕はなく
僅かな年金の残りしかありませんから、それは到底無理な話です。

私は、「なんで、こんなことに・・」と最初は想いましたが
自らこの与えられた試練を受ける定めと、潔く悟り

やるなら、センターの人をビックリさせてやるぞ!」という気持ちで
テレビ番組であった「ビフォー&アフター」の様に決めてやりたいと
限られた資金のもと、念密な計画に入ったのでした!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ゴキブリの孵化しない寒いうちに!

まだ寒さが残っているうちに、やらなければなりません
気温が20度近くなると、虫の発生が近づいてきますので
卵も孵化していまうかもしれません!

ゴキブリの卵は頑丈な黒い膜で守られていますので
バルサンを使っても効果は薄いでしょう。
それよりも、産み落とされ粘着された黒いカプセル状の卵
削ぎ落としてゴミとして焼却処分されることです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ともあれ、だいたいのクリーンアップ段取りは決め
大掃除の後の、リフォーム構想も父の僅かな予算から考え
いよいよ、中高年DIYが開始となるのでした。

次のページ②へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする