落ち葉に埋もれた水道メーターBOXを改善DIYで悩み解消!

毎年、秋から冬にかけて落ち葉がすごいですよね~!
庭にたくさんの落ち葉が散っていきます。

我庭の一角にある水道メーターBOXも周囲に埋もれていて
最初はどこにあるのかさえ分りませんでした。

これでは水道メーターを検針に来る係の人も大変だったに違いありません。
今頃になって、気づくのも申し訳なかったのですが、
今回その事にやっと気づき、係の人のためにも
我庭のためにも改善しなければと思うようになったのでした。

水道メーターの検針の方のためにも改善しなければ!

今までの担当の人なら、何処にあるのか慣れているので
すぐにここだと分かりますが、初めての方だと
この状態では、メーターBOXがどこにあるのか、
きっと戸惑ってしまうでしょう!

落ち葉に埋もれていて、すぐには見つからないと思います。
今まで放置していたことを大変反省し、償いを考えました!

100円ショップで材料を揃えて、なるべくお金をかけずに
改善DIYしてみましたので、今回はその経緯と記録の意味で
記しておこうと思います。

まずは、周囲の整理をして区画を保持しなければなりません。
BOXの開閉口が周囲よりも低くなっているため、土などが
落ちてきてしまうのです。
そのため、壁作らなければなりませんでした。

BOXの周りの土をどかして、家にあった端っぱ板などを使い
囲って中へ土が入らない様に守ります。

上↑地面より下にBOXが埋め込まれているため、
土が落ちてくるので、周囲を板などで囲ってしまう。

*        *       *

下↓BOX中の水道管用穴にビニール袋を詰めて、ここからの土も防ぐ。

当初は、BOXの中も土でいっぱいとなっており、
この水道管さえ土の中に埋もれていた状態でしたから、
メーターの検針をよくできたなぁ~って思いましね~!

*検針係の方、申し訳御座いませんでした・・

そして 時は経過し、翌年晩秋のころ・・

*BOX内への土の侵入は防げたものの、
落ち葉は相変わらず上からやってくるのでした。

これでは、蓋を開けた時に同時に落ち葉が中へ落ちて
しまいますよね~  う~ん・・
せっかく BOX内も綺麗にしたのに・・
また落ち葉も沢山入って、汚くなっています。

いた仕方なく、さらに上も防ぐことを考えます・・

雨や雪などの水分に対抗するつもりはないので、
せめて落ち葉だけでも防止できればと思い、
100円店にあるプラスチックかごを購入し、
加工して防止蓋を作ろうと思いました!

奥にスチール製の網メッシュフック掛け、下部は切断して
土へ打ち込み、それとサイドを切断したカゴをワイヤーで
結んで、蓋の出来上がりです!(下↓)

中もこれで前よりは維持できるかもしれません!

その上に、念の為ポリ網を被せることにしましたが、
なんか下の蓋が白く目立つので気に入らず、
同じ色にペイントすることにしました。(下↓)

検針の人が蓋を開けやすいように、針金ですが
フックを作りました。(下↓)

夏の季節では特に問題はないのですが、
今まで土に埋まっていた水道管があらわになりましたので、
冬になると低温のために凍結してしまうかもしれません。
そのため、管の凍結防止にアルミホイルを巻き
プチプチのビニール材を巻いておきました。(下↓)

蓋が2つある状態になったので、検針係の方に開けるのを
面倒かけてしまいますが、今までよりも綺麗な状態で
見られるとは思われます。

すべての落ち葉を防ぐことはできないかもしれませんが
以前よりは、綺麗な状態を保てるでしょう!

(ただ、何年保つかは今は分かりません・・)

今回、お金をあまりかけずにDIYをしてみましたが、
このように我庭と同じような状態のご家庭の方に
今回のDIYが、何かの参考になれば幸いと存じます!

最後までお付き合い頂き、誠に有難う御座いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする