老眼になって得したことといえば運転免許証

そうですね~ 私なんかが感じてきたのは40歳後半くらいでしたか。
そんなに酷くはありませんが、ずっと近視だった私が今度は近くの字に
「あれっ?なんか字が視えずらいなぁ~」と感じ始めるのでした。

誰でも歳を重ねていけば、少しづつ感じてくるもの

歳をとると気になり始める老眼という症状。
遠くは見えるが、近くが見えにくいという症状ではあるが、
いわゆる遠視といわれるものとは違うようですね~

遠視は、屈折率や眼球の大きさに問題があって起きるそうですが
老眼の場合は、そういう問題は無く起きてくるものらしい。

歳をとることによって、眼の調節力が衰えてしまうからという
原因であるようです。
つまり、それは近くに焦点を合わせる為の役割である水晶体
厚くするということができなくなったという原因からくるのですね~

調節力の衰えは、年齢によってだいたい分っているということで
これは仕方なく、すでに若い時から少しづつ始まっているのですよ!

本を読みやすい距離の限界は約25cm程で、調節力の範囲が
それに及ばなくなることを一般的に老眼と呼んでいるのです。

眼の老化は、いろいろな部分に起きてきますが
老眼は水晶体が老化により堅くなって調節力が効かず
はっきりと視える最も近い距離が、延びてしまう状態となるのです。

老眼で免許証更新の時に視力検査合格?

なぜか、前より遠くが視える様になってきたので
私の場合は、免許証更新の時に視力検査に合格して
若い時からの長年の条件「眼鏡等使用」が消せたのです!

免許証更新の時に行われる視力検査にて、

あの~、近年老眼になってきたので、もしかしたら
視えるかもしれないです

と、私は思わず言ってしまうと

じゃあ、やってみましょうか?」

はい、お願いします!」

ということで、眼鏡をかけずに検査器を覗きました。

これは視えますか?」

あれっ? なんか以前よりも視えるなぁ~と思い

こんなに視えたっけなぁ?と思いながら答えると

じゃあ これはどうですか?」と次を質問されます。

下ですか?」

はい、視えたようですから、解除窓口へ行ってね!」

まるで夢の様な出来事に、不思議やら嬉しいやらでしたね~!

長年の「眼鏡使用条件」が除かれるなんて考えてもなかった事

これも、この老眼の症状のおかげ?ですかね~!

みんながみんな、私と同じになるとは言い切れませんが
近視で視えなかった遠くのものが,前より少し視える様になる
というのは、感じられると思いますよ~

老眼鏡を使って視える様になるのですが、老眼の場合は
早く使用すると進行が早まるということはない様ですから
眼精疲労による他のリスクを避けるためにも、使用するのを
躊躇わないことです。

ただし、老眼鏡を使用しても見えにくかったり眼が疲れてしまう様
でしたら、緑内障など他の病名かもしれませんので
一度眼科へ検査に行った方が良いかもしれませんね。

いずれにしても、目は大切な五感なのですから
歳をとったら必ず気にする様にして下さい!
この体が終える時まで、視えることが一番ですからね・・

今回も最後まで読んで頂き、誠に有難う御座いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする