懐かしき昭和のバイク・青春時代の愛車オートバイを想う

上の画像は、最後の愛車オートバイであった KAWASAKI「KLE250・アネーロ」

懐かしき昭和のバイク・青春時代の愛車オートバイを想う 
1970年代~1990年代

先日、探し物があって押し入れのあちこちを探していた時、
懐かしの愛車写真が出てきたので、探し物もなんだか忘れて
見いってしまいました。

同年代の方々には、懐かしく想い出すと思いますので
その写真を観ながら、今回記してみたいと思います。

少年時代、特に中学3年生の頃はバイクという乗り物に
強く憧れており、学校に友人が持ってくるバイク雑誌には、
仲間たちが群がって「これがいい、あれがいい!」と
雑誌に載っているバイクを見ながら熱くなっていて
それこそ、毎日夢に出てくるぐらいでしたよね~!

16歳からバイク免許が取得できるので、高校生ですと
バイクを乗れることになります。

当時は、高校生になると多くの男子がバイクの免許をとって
乗りまわしていたものです。
若い暴走族も多くいた時代ですね~。

そんな中、高校でバラバラになってしまった中学時代の友人らが
俺、免許とってバイクのっているんだぜ~!」
日曜日に見せにいくからな~!」

と、当時隣町へ越してしまった我家まで遊びにきたものです。
自転車だった少年が、バイクという乗り物で遊びに来るなんて
本当に大人の仲間入りの気分で、凄い気分だったのですよね~!

その友人が最初に乗っていたバイクは、YAMAHA「GT-50」
小さいので地面に足付きも良く、初心者にはピッタリのバイクでした!
なので当時背が小さかった彼には、ちょうど良かったのです。

当時のバイクカタログより

これから免許を取る私にとっても、練習させてもらうのに
ちょうど良い大きさでした。

そして、免許をとった私が一番最初に愛車としたバイクは

YAMAHA 「RX-50」でした!

50cc免許を最初にとったので、50ccしか乗れませんでしたから
なるべく大きい車体のバイクが良かったのですよね~

こいつは、50ccにしては車体も大きく見えて
125ccクラスのバイクにも見えましたからね~
親に借金してまで欲しかったのですよ!

16歳ながら、高校で50ccバイク同士の友人もできて
そんなに遠くではないですが、ツーリングも楽しんでいました。

当時はまだ、50ccならヘルメット着用義務など無かったのですが
このバイクでツーリングに出かける時は、格好も良いので
きちんとヘルメットを被っていました。

しかし、次第に高校生に対してバイク免許の没収時代が訪れます。
高校生は卒業するまで、免許を学校で預かるという制度です。

それでも休みの時などに、内緒で親の所有していたオバサンバイク
パッソル50」という当時の大ヒット売上を記録したバイクを
近所で乗っていた覚えがあります。

当時の人は誰もが覚えているでしょう!「パッソルとパッソーラ
本当に街のあちらこちらで見かけたバイクでした。

当時のバイクカタログより

それから時は経ち、高校を卒業し大学生へ移ります。
念願の中型バイクの免許をとって、手に入れた憧れのバイクが

HONDAXL-250s」でした!

当時のポスターより

中古でしたが、車体も大きくスタイルもいい
単気筒でマフラーからの音がカッコ良かったのでした。

オフロード車なので、あまり高速は出ませんが
ダート走行、土手なんかもスイスイ登って
県内の学校でしたから、よく土手を走って通学してました。

最初は公共機関を使って通学でしたが、この単車のおかげで
電車やバスを通学に使うよりも、ずっと早く着いたのです。

ツーリング仲間とも北海道一周できたり、この単車には
4年間の学生生活の間、本当にお世話になりました。

学生時代を終え、社会人になると休みも無くなり
一旦、オートバイと離れてしまう時代が来ますが、
転職を期に、再び乗りたくなるのでした。

そして次に安く手軽に楽しめるトライアルバイクを見つけます。

HONDA  「TLR-200」 でした。

トライアル車なので低速トルクも良く、すごく小回りが効き
土手や階段なんかの走行で楽しんでいましたが、ツーリングには
あまり向いていなく、遠くへは行けませんでしたね。

そして若い時の最後に思いきって購入したのが、

KAWASAKI  「KLE-250」 アネーロ 

という大きな車体の250ccでした!

昔、パリダカールラリーというものに憧れていた時
XLのパリダカというのが発売されていまして
それも欲しかったのですが、ちょっと私にはオーバーサイズだなと
XL-250の次には手に入れなかったのでした。

その想いもあって、新発売だったこの近代的なフォルムに感じた
アネーロを選んだのでした。

なんか小さい時にTVでやっていた、「仮面ライダー」などの
ヒーローものが乗っているバイクみたいで、カッコイイと思ったのですよね~!
発売してすぐだったせいもあって、街で信号待ちをしている時、
見たことないけど、このバイクは何ていうの?」
とか、わざわざ聞いてくる人もいたのですよね~!

しかし、大きくカッコ良さの代償として
欠点も多かった気がします。

まず、低速が本当にダメでしたね~!
オフロードとオンロードの中途半端な位置づけのタイプで
前はオンロード、後ろはオフロードみたいな感じ。

エンジンがオンロードタイプ(Zのエンジンだった様で・・)
高速道路では、他のオフロード車は付いて来れませんが
林道とかダートとかのオフロード走行に対して
とにかく車体の重量がありすぎて、重かった~!

覚えているのは、ここ関東から中部を抜けて関西へ
そして中国地方から九州への長旅ツーリングの時に
点けっ放しのヘッドライトのせいで、何回バッテリーが
上がったことか・・
セルしかないので押しかけも重すぎで大変強烈な想い出として
今でも忘れることができないものです!

↓バッテリー上がってしまった壇ノ浦PAにて・・(何十年も前)

あれから何十年も経って、今ではバイクの形もだいぶ変わっていますね~
横に倒れないバイクとか、空中を走れるバイクが開発されたり
我々の憧れだったあの頃のバイクなどは、レトロとなってしまいました

昭和の頃と違い、少年がオートバイに憧れるという時代ではなくなって
しまい、乗る人も変わっている様な気がします。

時代が変われば、人も変わるもので仕方ないのでしょうけど・・・

*今回は、ご一緒に懐かしのバイクを想い出して頂き有難う御座いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする