なかなか人間として生まれてこれない?


なかなか人間として生まれてこれない!って?」

*年寄りの言う話だとして、軽く聞き流してもいい記事になります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ある時、何かの記事を読んでいましたら興味深いことを書いていました。

我々日本人として生まれてこれたのは、凄い確率で当たった宝くじの様だと・・

今から何十年も前に亡くなった祖母が、まだ子供だった頃の私に
聞かした話を、その時に思い出しました。

「昔のことだがね、親類の家でのこと。
当時の町で噂になっていた [あの世へ逝った人と話せる] 
のことを聞いた親類の**さんが、すでに亡くなったお父さんの事を
どうしても聴きたいと思って、みてもらいに訪ねて行ったそうだよ。」

そうしたら、その人に こう言っていると聞かされたそうだ。

「**の奴、俺が蜘蛛になって心配して観に来たら、

見つけると潰しやがった!」

とか、

「**の奴、俺がになって心配で訪ねて来てやったのに
家畜小屋に放り投げて、餌にしやがったな~!」

人は、人にしか生まれてこないのではと言っている霊能者もいますが、
この言葉が本当なら、人は他の生き物にも生まれてくることになりますよね~!

悪いことをした人は、次は別の形になって生まれてくるとも
昔 子供の頃に聞いたこともありますが・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そして、もう1つ不思議な出来事を経験した話を聞いたのを想い出します。

義理の父が亡くなった四十九日の法事の日。
朝、妻が2Fの部屋で喪服を着ようと支度をしていた時、
ベランダに、ふと目を向けると一羽の雀が停まっていて、
こっちをずっと見ていました

人間の姿に気がつけば、すぐに飛び去って逃げてしまうはずの雀なのですが、
その一羽の雀は飛び逃げずに、こっちをずっと見たそうです。

「きっと亡き父が、それになって挨拶に来たんじゃないかな~」

と、思わざるおえない出来事だと言っていました。

あの世に居た記憶なんか、当然想い出せるわけでもないし
亡くなってしまえば、証拠なんてどうにもなりませんが、
ひとつだけ言えることは、

人間に生まれてこられ、紛争や貧困のない国に生まれてこられ
高校大学まで進学できて、食べ物も得られて生きられてこれ
屋根の下に寝られて着る服もあり、手足も動く体があること

それが、どんなに恵まれていることなのでしょう。

大きな宝くじに当たったくらいの確率で、運が良いのです!

私が思うに、次に人間に生まれてこれるのは困難かもしれません。
ましてや日本人として再び生まれてこれることは凄い確率でしょう。
日本人の抱える問題、少子化です。
それこそ、大きな砂漠の中の爪の上の砂ぐらいの確率になるでしょう。

「死んだ先のことなんて、シラネ~よ!」 と聴こえてきますが

地球上で人間の数より多い動物は、たくさんいるのですから
先の話のように、になって生まれるかもしれないですし
凄く多い数のかもしれませんね。

私も含め、これを読んでいる方々もきっと運が良い境遇だと思います。
何か悩みがあったとしても、これが読める境遇ということは
恵まれている方なのだと、あらためて感じられたでしょう。

ここでそれを感じた方は、その次へ進むことができる心を
持っていると思います。

恵まれた人間として、今日まで生きてこれたという感謝の心を大切に
していきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする