くよくよする時に考えてみる「自分の大きさと世の大きさ」

長い人生、良いこともあれば悪いこともあり、くよくよと悩むこともあるものですわなぁ~!

そんな くよくよとする時は、考えるのです「自分の大きさと世の中の大きさ」を・・

世間では沢山の境遇の人たちが居て、毎日の生活に苦しんでいる人や、それとは逆に大成功して立派な豪邸に住んでいたりする人など、人それぞれ違う人生を生きています。

テレビやニュースなどで、上流階級の身分の成功者たちのセレブな生活などを見ると、自分の今と比較して「自分は何でこんなにちっぽけなんだろう・・」って思うこともあります。

特に人と比べて何の力も無く、偉大な事などできるわけでもなく今こうして生きている自分に

くよくよと考えてしまう。そんな時があるかもしれません。

そんな時、一度考えてみると気が楽になることがあると思いました。それは、

自分の大きさと、この世の大きさ」 です!

自分の体の大きさは、動物の猫よりも大きく、ネズミよりも大きく、蟻よりも大きく、菌よりも大きく、赤血球よりも大きく、ウィルスよりも大きく、電子よりも大きいのですよね~

この世に自分よりも小さいものは、分かっているだけでも限りなくあるものです!

逆に今度は、自分(人間)よりも大きいものも限りなくあるのですよ~!

象は人間よりも大きいですし、クジラも凄い大きい動物です。どんどん大きいものを考えると、人間の住む地球はとても大きいですよね~! だけど

さらにこの地球よりも木星や土星の方がもっと大きいですし、これらが属してる太陽系は、もっともっと大きいですわね~

我々にとって太陽は凄く大きい存在なのですが、その大きな太陽よりももっと大きな太陽がいくつもあるそうです~(太陽の何十倍何百倍のシリウスやリゲルと言われる星)

そして、この太陽系みたいな集まりが何千何億も入っている銀河系は、もっともっと大きいのです~! 本当に気が遠くなりそうですが、その銀河系みたいなのが沢山集まっているのが超銀河群とかクエーサーとか云われる広大なものがあるというのですよ~!

人間が解っている宇宙の広大さは250億光年とからしいですけど、1光年ってどのくらいかといえば、約9兆Kmくらいらしいのです。だとすると宇宙の広さって9兆km×250億という大きさということなのでしょうね~

気が遠くなるほどに、そう大きさを考えていくと「我々は、なんて小さい存在なんだろう~!」って考える様になるんです!

この広大な宇宙からすれば、地球に住む我々なんて「微生物より小さい存在」となるのですから、他人と比較している自分が意味なく感じてしまうんですね~

どんな偉い人だろうが、どんなお金持ちで裕福な人だろうが、小さいんですね~

大会社の社長だろうが、大統領や大臣だろうが、小さな存在なんですわね~

戦争や争いごとなんて所詮、地球上の小さな微生物同士の喧嘩に過ぎないんですね~

広大な宇宙、銀河にとっては相手にもならないどうでもいい出来事なんです!

そう考えると、人を羨んだり自分と比べたりする考えが消えていきますよ~!

このちっぽけな地球が終わったら、金持ちも偉大な人物も一緒に消滅して終わりですから・・

「宇宙からしたら全ての人間はどんな人も、こんなちっぽけな存在」なんだと、考えれば

くよくよと他人と比べて悩むことは、何か必要がなくなる気がしてくるでしょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする