生活・出来事の山一覧

パンクタイヤと修理不可能だった理由が解った出来事の記

パンクタイヤの修理をしなければと、いろいろと調べ廻りますが、結局はパンク後の状態が悪かったために修理はできず、新品ゴムを取り替えなければなりませんでした。パンクした時に、箇所が悪かった為か刺さった物が悪かった為か解りませんが、パンクしたまま走行した痕跡が残っていたために、内部の状態が危ぶまれたのでした!

タイヤの端側が減っている 「 片減り 」 の要因を想う記

多くの車両がタイヤ溝の減り方が明らかに昔とは違っているのが分ります。 多くの車両がタイヤ溝の減り方が明らかに昔とは違っているのが分ります。片減りタイヤともいわれ、本来タイヤの真ん中の溝が減ってくるべきなのですが、両端が目立って減っている状態です。これは、その車の規定空気圧よりも格段に低い空気圧状態で走行していた証となるものです。