「孫」という存在が,とても可愛いわけを知る。

「孫」という存在が、とても可愛いわけ。

孫がとっても可愛いよ~!」と、年配になったほとんどの方々は言います。

それは歳を取った人間になってから、初めて判るものでした。

若い頃、ましては結婚もしていなく 子供もいない頃は

そんなに可愛いものなのかと 不思議なくらいでしたが・・

わが子が、まだ小さくて可愛いかった頃、

休みとなれば、いろいろな所へ連れて行きましたよね~!

動物園や遊園地、プラネタリウムや博物館へ

わが子が喜ぶ顔を見ると、自分が喜んでいたのでしたね~!

写真もたくさん撮って、アルバムもいっぱいになってました。

しかし、そんな可愛いかったわが子は 次第に大きくなっていきます。

すると親と出かける機会も だんだんに無くなっていきました。

手をつないで歩くことも、「おんぶして~!」と言われることも

無くなってしまうのでした。

思春期になって、気がつけば声も違ってしまって

「あの可愛いかったわが子は、いったい何処へいってしまったのだろう」と。

そして、可愛いわが子との幸せな日々は、すでに当時の写真の中でした。

あの可愛いわが子達は、今では写真の中でしか会えません。

そんな中高年となっていった自分に、起こる感情はひとつでした。

自分に付きまとう、可愛いかったあの頃の子供達との「幸せな日々」の追想です。

———————————————————————-

ある時、幼いわが子が目にゴミが入ってゴロゴロすると言うので、

水を小さなカップに入れて目に被せ、「はい、パチパチして~」というと

手をパチパチしたのを憶えています。

日常の何気ない事でしたが、そのわが子の”あどけないしぐさ”が愛おしく

想うと胸が詰まりそうにもなるものです。

(記事引用)
———————————————————————

子供の成長と共に懐かしむあの頃

ひたすら写真を観て、「子供の成長と共に懐かしむあの頃」がありました。

成長していったわが子は、自分達がそうだった様に やがて年月を越えて

新しい生命を誕生させる日が訪れるのものです。(恒例であれば)

それが、私達の子孫、「」という存在なのですね~。

幼く可愛い姿は、まるで 自分を「タイムスリップ」させてくれた感じになるのです~!

あの可愛いかったわが子との幸せの時が、再びやって来てくれたみたいです!

そう、「孫という存在」は、あの幸せだった頃を再び呼び起こしてくれた幸運なのです。

孫を見れる、孫との時間を取れる人は、本当に「お金では得られない」恵みなのです!

自分の孫を見れる生物は、本当に少ないです。

また、人間も「」を見れない方々は多いのです。

「孫」という存在が特別なわけ、 若い頃は全然解らなかったですが

自分は、歳を重ねてやっと解ってきたことでした。

「孫」は、可愛かったあの頃のわが子と同じで、あの幸せをもう一度味わしてくれる機会で

「孫」を見れる、一緒に手を繋げることは、本当に有難き恵みに感謝なのです!

まだ体力があった頃と同じように、孫と遊ぶことはできなくなっていますが・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする